2010年08月24日

敵は然る者、引っ掻くネコ?

アナフィラキシーショック・いわゆるアレルギーで昨日病犬と判明したチョコラブ海ちゃんですが、お注射が効いたのか今日はカイカイ一休み。
カイカイしていないのでは無く、反強制的にさせていない。
 
しかし、ホントに少し落ち着いている。
 
カイカイしようとしたときや、カイカイしたそうにしたら透かさず
「NO・ノー!」
と、制止する。
すると神妙にカイカイしないで我慢する。
 
ちょっと可哀想に見えるかもしれないがこれも本人の為。
 
こうして癖をつければ私達が見てない時もカイカイしないのだ。
 
カイカイした層にする回数が減っているし、ストレスも少なくなってきているので抗生物質のお注射は効いたのだ。
 
海ちゃんが病院へ行くとちょっと面白い仕草をする。
 
30kg近い体を診察台の上に乗せる。
最初は勿論立って逃げだそうと考えるが、
「ノー。 ダウン」
そして
「ス・テ・イ」
とゆっくり顔を見て言う。
すると我慢弱そうな上目遣いでちょこんと我慢しているのだ。
ちゃんと注射だってガマンする。
 
診察が終わると一目散に走ってお家へ帰ろうとする。
 
そんなけなげな海ちゃんだが、これから三週間はお薬を飲む事になっている。
オレンジ色の粒の抗生物質の錠剤である。
 
人が親切にも、わざわざ、牛乳に一粒「ポツン」と分らない様に入れてあげた。
 
急いで牛乳だけ飲んで
「御代り」
冗談でしょ。
次にビスケットに挟む
「ペッペッ」
と上手に分離。
 
『ムッムウ、敵も然る者・引っ掻くネコ』
 
今度は、ちょっとネコさんにフードを拝借して同じ色のキャットフードを2粒とお薬一粒。
 
「ペロン・ゴックン!」
 
本日は大成功。
 
さて、明日は敵はどんな手で来るのだろう?
 
 
 
記事:SS
posted by とんとん at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40338039
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック