2011年05月13日

またまた手術

ペースメーカー感染が明らかになった。

デバイスを植え込んでいる以上、感染と拒絶反応は常に危険と同居している。

23日に除去手術を行う事となったが今回はかなり自分自身心配になっている。

ひとつは、デバイスを完全に抜いてしまう事。
もう一つは、その方法である。

デバイスは必要であるから入れたのだ。
実際、私の場合、ペースメーカー無しでは発作を繰り返し、生傷も絶えない状態であったのだからお客さまに会う時にもその言い分けに苦労した。

そして何より身体はだるくなり、障害も進行した。

退院までに再手術すると言うが問題無しに再手術まで漕ぎつけるか心配で夜も寝られていない。


さらに今回の手術方法。

レーザーを使い心筋リードを抜去するのであるがアメリカでは開胸手術よりはるかに死亡リスクが高い。
私自身開胸手術は何回も経験している。
慣れているというか安心感もある。

なんか今回は確実に二回以上手術を受ける事になっている。
入院期間も長期入院を宣告された。

どうしたシングウ・・・・・・↓↓↓

かなり落ち込んでいる。

posted by とんとん at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45133010
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック