2009年09月16日

心臓移植?

今日はペットではなく私の話。
先日、心臓移植の話が持ち上がった。昨年の手術から毎日毎日、激痛に襲われ、熱は引かず、食欲もなく、だるい・・・・・  いつまでこんな状態が続くのだろう・・・・・ そんなゆうつな日々を過ごしていたときだったのだが・・・・
「あと心臓移植か人工心臓という手も検討に値するでしょう。でも・・人工心臓は適応外だと思うのでやはり心臓移植でしょう。今回はこの心臓移植も真剣に考えて頂かなければいけないと思うのです。」という話であったがやはり動物の命を扱う私にとってとても重い話である。
今のままでは、私の生活が成り立たないのはもちろん、生活も破たんは目に見え、母にも苦労が絶えない状態は脱しなければならない。私の命を終わりにするか? それとも移植しかないのか?  しかし心臓移植という事は誰かの命が終りになるということなのだ。 
現在の脳死はかつて和田移植が行われた時代から考えれば、かなり脳死として確立されたものになり死としてかなり完全な判定になりつつあるというが果たして・・・・・・
そんな考えが昼夜問わず頭から離れない。
しかし、すこし心臓移植を受けようという決心もやっと付きつつもある。
私の命かなければ助けられない命もあるし私でなければできないものもあるとまだ思う。
命の問題、移植の問題はまだまだ頭の中をめぐりまわっている。
posted by とんとん at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月14日

やまと

大和が逝ったのは、寒い12月であったがもう新盆がやってきてしまったのだ。
動物を飼うたび、動物が逝ってしまう度、もうこんな思いをするのはこりこりだと実感してしまっている。
しかし、私達、動物をこよなく愛するものにとり動物の命とともに生きるものにとって、動物たちのぬくもりなしには生きられないのだ。傷ついた心を癒してくれるのは動物たちのほかならないのである。
大和は新盆であるがもう帰ってきたのであろうか?
幽霊でもいいから大和に逢いたい。
posted by とんとん at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月28日

いろいろあった8月

daichito.jpgいろいろあった8月も残り僅か。
別途で過ごすことが多かったため
「とんとん遂に倒産か」
などと余計な噂も立てられたが、この夏初めて心不全で入院間でしてしまったのだから無理もない。
その分、今まで出来なかった企画事業が進んでおり前にも増して頑張っていこうという意欲もわいてきている。
店に復帰したら前にも増して休んだ分を取り返してやろうと思っている。
そういえば8月は我が家の誕生日ラッシュ大地くんも21日に8歳を迎えた。
posted by とんとん at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月28日

デマについて

一部に弊社「株式会社とんとんインターナショナル」の事業を譲渡したという嫌がらせのデマが流されましたが、全くの事実無根です。
お客様ならびにお取引様には動揺を招き大変ご迷惑をお掛けいたしましたが、弊社はこれまで通り営業させていただく事を改めて表明させていただくと共に、今後ともご愛顧賜りますように重ねてお願いいたします。
株式会社とんとんインターナショナル 
代表取締役 新宮誠之
posted by とんとん at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月09日

手術後

先週手術を終えて初めての書き込み
やはり開胸はイタイ、フラス「キツイ、キビシイ、カナシイ」の3Kの心境・
身体機能はどんどん落ち、以前と同じように動け目には前の時の1年以上かかった時より遥かにかかるであろう。
やっとここまで来たので本当に虚しい。
posted by とんとん at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月19日

開胸心臓手術へ

ついに5月29日に心臓手術を受けることになった。
今までにも何回も何回も、17回ほどであるが心臓関連の手術は受けてきた。開胸手術も過去2回受けては来ているが今まで感じたことのない不安感とさすがに今回ばかりはある程度覚悟をしている。
二度と帰らぬ可能性も自分自身十分理解しているつもりだ。幾つかの理由はあるが、今まで何処の病院でもリスクを理由に手をつけられなかった手術であることに加え、度重なる手術で癒着が相当進んでいるのも確かであるからだ。
輸血用の自己採血も通常よりかなり速いテンポで進んでいるがそれもかなり負担となってきている。
しかし、自分自身でも決めてきた道だし引き返すことはできない。
posted by とんとん at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月10日

アニコム損保募集開始

coco.jpgとんとん.comでは、ようやく財務局への登録も完了し「損害保険」としてのペット保険が取り扱えるようになりました。これによりしばらくお休みしていた「どうぶつ健保のアニコム」のお取り扱いを再開いたしました。今後はよりお客様のニーズに合わせた損害保険、少額短期保険商品を取り扱うスペシャリストとして皆様に安心安全なペット保険をご提案させていただきたいと思っております。
posted by とんとん at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月21日

回りまわって・・・ &ペット保険開始

torisan-you.jpg
ニューヨーク原油市場の高騰に歯止めがかからない。世の中のありとあらゆるものが値上がりしている。私の会社にはあまり関係のないことであると悠然と構えていたのだが いよいよ人ごとではすまされない状況がやってきた。「とんとん.com」でも印材や紙、文房具などあらゆる仕入れが高騰し今まで支えていただいているお客様のためにと頑張ってきたが企業努力にも「限界」の二文字が浮き彫りになってきた。最近特に高騰し続けているのは「ラクト」と呼ばれる樹脂製の印材と石油を原料とするアクリル系の印材で これはいずれも「¥60認印」に代表されるように庶民向け大衆商品として多くのお客様に愛されている品々だ。だからこそ値上げもなかなかお客様の事を考えると簡単に踏み切れないのであるが仕入れ価格が販売価格を大幅に超えてきた現状では「売れれば売れるほど赤字が大きくなる」のでは、生活をしていく以上お客様のご理解を得られるように努力して行かなければならない。しかし、どう努力していけばお客様な゛御納得頂けるのかまだまだその答えが得られない毎日が続いている。いい商品、いい印材、そして本物の良さだけをお届けする事をモットーに走り続けているのだがその道だけは絶対に踏み外さないように専門店としてのプライドある行動に心がけていきたい。
ところで悪く暗い話ばかりではない。
いよいよ今週から「ペット保険」の販売を再開することになった。しかも今回からは「とんとん.com」の店頭でも対面販売することになった。ペット保険と言えばアニマルコンサルタントである私の本業、しかも専門分野でありペットのことなら何でも「とんとん.com」へご相談下さい。
ペット保険と言えば保険業法の改定で無認可共済が一切認められなくなり金融庁の認可を受けた信頼のある保険だけしか生き残れなくなった。そして販売者に対しても厳しい規制と資格、登録が義務づけられただリーフレットを配っているだけの店では安心して保険をかけられない。
株式会社とんとんインターナショナルでこの改訂された保険業法に対応するため、早くから資格の取得と正規代理店としての登録を済ませ「少額短期保険」「損害保険」の両方を取り扱っていきます。ペットのプロフェッショナルとしてお客様の小さな家族に一番適したペット保険をご提案しお客様とご家族のQ.O.L.A(Quality Of Life which the Animal’s)を応援していきます。
posted by とんとん at 00:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2008年04月03日

医療事故、時間が経てば・・・・・ 医療事故、過去になれば・・・・・

昨年11月に手術入院した際、11月6日のCTA検査中にIVHの破裂事故が発生したことは、このブログでも書いた通りであるが、実はその事故について病院より現在に至るまで何の謝罪は疎か説明すらもなされていない状態である。あの事故の原因が何で、どうして起きたのかにより当然責任の所在は異なってくるが少なくても病院内で起きた事故について病院の責任は免れるものではないないことは社会常識的に明らかである。
一方、規模の大小に拘わらずこの手の医療事故で、まして患者が生存している場合病院側の立場は俄然強くなる。そもそも患者という人質をしっかりと包み込んでしまっているのであるから患者側もその先の医療が継続されている限り自分の命を預けているという言い換えれば弱みではないのであるがある意味で弱い立場を握られている以上強硬な責任追及をしたくても出来ないという反面を持ち合わせているため、この種の医療事故が公にされないという背景がある。
今回のケースの場合でも病院側は関係当局に対し報告を怠っている。
私の場合も、その後毎日お世話をかけているという点からやはり人間として付き合いにくい環境を造りたくない理由だけから、その後この事故について触れることをしてこなかった。これは当事者間の暗黙の了解から互いの利害関係が一致していれば成り立つ者であるが患者の立場は弱く儚いもので、いつしか病院側は事故そのものに付いても忘れ去られる事になってしまう。
主治医の突然の事故退職により私の場合も急に医療の打ち切りという宣告を受けた。
そうなれば当然私にとってこの事故と医療を受ける側という利害関係は失われることから社会的にこの事故を伏せておく必要もないし誰を庇い立てする必要もなくなり当然、医療機関名の公表や起きた事実の責任追及も しない理由はなくなる。
これについて明日、病院側に真意を明確にするように求めるがその結果により実名入りで詳しい状況をお知らせしたいと思う。
しかし、それよりもっとびっくりした事態が起きていた。
当該の病院から診療情報が、本人や家族の承諾無しに他の医療機関に漏れていたのだ。
これは個人情報、まして身体に関わる重要な情報を取り扱う医療機関としては絶対にあってはならないことで明らかな個人情報保護法違反であり医師法、病院法にも抵触する。
通常転院等で診療情報を提供する場合必ず本人若しくは家族の同意を得る事が絶対条件であるが今回それが一切無しに行われていたのだ。
 
 
posted by とんとん at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月02日

風に耐える桜

さくらも満開を迎えた日、関東地方は暴風に見舞われた。
咲いたばかりの桜が忽ち散ってしまうか心配したが風に耐えかんばる桜の姿には感動した。
風が吹けば力弱く「ふわっと」散ってしまうイメージが強い桜だが今回は咲いた日に襲われた災難に桜も意地とプライドを見せたかったのように一年に数日間の使命をしっかりと果たしていた。
私たちも意地とプライドで桜のような使命感を持って本当に社会に貢献できる企業活動をしなければいけないと改めて感じさせられた。
昨日、ちょっと嬉しいメッセージを頂いた。
つたない、ブログではありますが影で応援していただいていると言うのは本当にありがたい。
posted by とんとん at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記